長い指で痴漢調教

最近まで痴漢調教していた女子校生がいる。
最初にあったのはOD急の町田で7:20近い急 行を待っていた時だ。
自分が待っている、前の列の方に、セーラー服の女子校生がいた。
上 は白いセーターを着ている。
スカート丈は膝上15cm位のミニで、髪はロングのおとなし そうな子だ。
すかさずその娘の後ろに並び、電車を待つ。
急行はかなりの混み具合でその女子 校生を押し込むように乗った。
彼女とは正面に向かい合わせになり、僕は乗ったと同時に スカートを腰のあたりまで捲り上げた。
少し驚いたようだが、すぐにうつむいてしまった。
最初から強引にいくと案外おとなしくなってしまうものなのだ。
 僕は露わになったパンティーの上の方のおなか部分をサワサワと触わりながら、徐々にパ ンティーの触感を愉しみながら、手を内腿に這わしていった。
プヨプヨしていて実にいい感 じだ。
太腿も方もスベスベしていて中学生のように張りがある。
 3分位だろうか、なで回していると時々ピクンピクンはねながら顔を赤くしていった。
下 は完全にスカートが腰までまくられている状態なのでまるでスカートを履いてないかのよう だ。
そのうち、指をパンティーの上からあそこへもっていくとジトーとしてきているのがわ かる。
しばらくパンティーの上からアソコのあたりを円をかくように時にきつく時に柔らか くマッサージしてやった。
彼女は完全に感じまくってるようだ。
まだ指も入れてないのにや らしい娘だ。
僕は本人が希望?するとおり、前から、パンティーを膝のあたりまで引き下げ た。
また、はっとしたような驚きがあって顔を少しあげたが、すぐに又うつむいてしまった 。
 僕は前からクリトリスをつつくようにコリコリしてやった。
そして、割れ目にそって後ろに進みアソコに到達。
あふれ出ている、愛液を尻の穴とアソコ の間の部分にこすりつけながら、指を挿入していった。
割と背の高い娘だったので僕が腰を かがめなくても十分指を奥まで入れる事が出来た。
 僕の指は割と長い方なので出し入れしてやるとかなり子宮に響くらしい。
(前にそういっ てくれた娘がいた)その娘も前より増してピクンピクンして周りの奴にばれないかと冷や冷 やものだった。
1本を2本、最後に3本に増やして、上下左右にアソコの中をこねくり回し てやった。
クチュクチュという音が周りが静かなせいかよく響きわたる。
時間にしてそれで も5分位か次の新百Oケ丘に着く頃には彼女はかなり息が荒くなっていて、はあはあ言って いた。
扉は反対側があいたので僕はまだ指を入れたままである。
しかし多少の人の動きがあ るため、指は入れたままだが、ピタッと出し入れをやめた。
なま暖かい感触が指によく伝わ ってくる。
ところが、その一時的に出し入れをやめたのが効を奏したか、なんと彼女は少し 顔を上げ小さな声でこう言ったのだ。
「やめないで」と。
今度は僕が驚いた。
まさかこうい う風に言われるとは思わなかったからだ。
僕は軽くうなずくと指の出し入れを再開し た。
僕は彼女の耳元で小さく「感じてるの?」と聞くと、黙って彼女は頷いた。
またまた五 分くらい暖急をつけながら出し入れをし、その間に1回彼女はイッた。
 それでも抜かずに続けて、又耳元で彼女に質問してみた。
「僕のを入れたくなっちゃた。
いい?」彼女は小さな声で「へ?・・」って言って少し考えながら、また小さく頷いた。
僕 は指を抜いて息子を取り出し、彼女に握らせた。
そして耳元で、「あそこに僕のを導いてよ 」と言うと彼女は少し顔をしかめながら、ちょっと背伸びをして、息子をアソコに導いてく れた。
彼女の背が高かったせいか、驚くほどにゅるっとスムーズに入った。
あまり激しいピ ストン運動はできなかったが、1分位は小さくもピストンして彼女の中に果てた。
果てたあ ともしばらく抜かないでそのままでいたが、次の駅が迫っていたので、抜いてパンティーと スカートを直してあげた。
向O丘では乗り降りはほとんどなかったが登Oでドドって降りた ので彼女と僕は外にいったん押し出された。
僕は彼女に「どうだった?」って聞くと彼女は 「キモチよかった・・・」と恥ずかしそうに言った。
僕がまだ乗っていくの?と聞くと、下 O沢までいくと言うので、僕も降りる駅ではなかったので、一緒に彼女と下O沢まで乗って いった。
その間は痴漢するまでもなく、普通に世間話をしていた。
最後別れる時に、「さっ き中に出しちゃってごめんね」と謝ると彼女は、舌を出しながら、「じゃあ責任とってくれ る?」といたずらっぽく笑いながら、「またあってくれるよね?」というので、僕は黙って 笑いながら頷いた。
そしてお互い携帯の番号を交換し、その場は別れたのだった。
しかしこ れはこれから始まる彼女への痴漢調教への序章へ過ぎなかったのだ。
 この後彼女には、殆ど毎日朝待ち合わせをして、お互い公認済みの痴漢調教をしていった 。
月日がたつにつれてその過激度は増していったが、どんな内容になっていったかは、これ を読んだみなさんのご想像に任せます。
ちなみにその彼女とはもう逢っていません。
受験と かで、のめり込むと勉強に差し支えるし、大変だからと、僕の方から切り出して別れました 。
※この話は日本最大級のアダルト掲示板 ナンネット より転載しております。
>> ナンネット掲示板トップへ

※痴漢は犯罪です。絶対にマネをしないで下さい。このコーナーは全てフィクションです。
Copyright dougavc All Rights Reserved.